製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 世界では初めての歯科病院

世界では初めての歯科病院

 

 皆さんは世界で初めての歯科病院ということをご存じでしょうか。世界では初めての歯科病院はフランスに開店することは初めて耳にしました。今日は、歯科病院の発展について少しお話しましょう。

 

 歯科病院の歴史という話は18世紀前遡れます。18世紀前は、歯科病院という専門病院はありませんでした。歯に関する治療は、理髪店や鍛冶屋のアルバイトとも言えると思います。17世紀90年代にかけて、フランスに住んているある医者は多くの人が高校病に悩んているという現実を発見しました。理髪店や鍛冶屋での治療は、即時でもなかったし、感染もよく起こったので、この医者は色々工夫して、世界での初めての歯科病院を開院しました。この医者はPierre Fauchardでした。あの際には、初めて歯科病院という名前を使って、専門な歯科治療を確立しました。その後、Pierre Fauchardは「現代歯科の父」と呼ばれています。

 

 フランス人にとっては、いい歯を持つことは、健康のためだけではなく、地位の象徴にもなります。あるフランス人は、歯は白くて、噛み合わせがよくて、綺麗に並んでいる歯並びは一番健康なはだと思われました。人間は一年中6本の歯ブラシを変えるべきですが、昔のフランス人は一年中平均的に1.5本の歯ブラシを使っていました。一生歯ブラシを使ったことがない貧乏な人たちも結構あります。

 

 2002年のデーターによります、フランス人は一年中病院に行ったことは平均的に6.4回ありました。その中には、歯医者のところに行った回数はただ1.4回でした。なぜかというと、歯科病院は高くて、歯医者の時給は800フランほどがかかります。そして、ただのホワイトリングでは、2500フランが必要です。

 

 現在の生活レベルの上がるにつれて、フランス人だけではなく、世界どの国の人も歯のことを大事にして置いています。現在の統計によりますと、フランス人は一年中口腔にかかる費用は400億フランがかかります。

 

 現在は、フランスでの歯に関する関心を最も高くなってきて、今は世界でも先進的な技術を持っています。もちろん、先進的な治療技術は先進的な歯科機器と緊密に関わっています。弊社は国産の歯科機器を取り扱っているだけではなく、輸入製品も色々あります。ご今日ものある方はhpへお越し下さい。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp