製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯ぎしりの改善法

歯ぎしりの改善法

 

  周りは、歯ぎしりをする人がいませんか。歯ぎしりは、夜間ねっている間で、不自覚の睡眠中口腔内活動で、歯ぎしりしている人本人も自覚ありません。一般的に、家族や友達のところから、自分が歯ぎしりをしているという事実を分かって始めます。歯ぎしりは、歯にダメージするだけではなく、隣の人には、邪魔になるわけですね。では、歯ぎしりに関しては、対策ありませんか。今日は、歯ぎしりにについての対策法をお伝え致します。

 

 1.大脳皮質をリラックスさせる

 寝る前には、少しリラックスして、ゆっくりと体操などをやりましょう。ヨガもよく勧められた寝る前の活動の一つですね。そして、寝る前に、興奮などをやめてください。刺激な食べ物や喫煙をしないように、睡眠環境も改善してください。この対策法は、患者自分の自我意識を調整しながら、歯ぎしりを改善する事になれます。

 

 2.口腔内筋肉をリラックスする

 顎の神経が硬すぎることにより、よく歯ぎしりを起こします。ですから、顎の筋肉をリラックスすることが、歯ぎしりの治療法の一つとなります。そういう場合は、筋肉の咀嚼訓練、マッサじや聴力の練習もよく効けるとされます。

 

 3.睡眠中刺激を上げて、呼び覚ます

 これは、生物反応により、患者が音や外物の信号などで、歯ぎしりの中から覚まして、歯ぎしりを中止することになります。ただし、その方法は、患者や一緒に寝る方の睡眠を邪魔になりますので、おすすめはしません。

 

 4.かみ合わせを矯正しながら歯ぎしりを改善する

 かみ合わせを矯正しながら、歯ぎしりを改善することができます。かみ合わせの邪魔を除去して、バランスなかみ合わせを建てて、顎、咀嚼筋肉及び顎関節、この三者のバランスを立てさせます。それにより、歯ぎしりを改善できます。ここで注意すべきことですが、もし奇形歯並びの方はお先に、矯正してから、また歯ぎしりを治療しましょう。ここで矯正に関しては、色々歯科機器歯科器具が必要です。

 

 以上ですが、歯ぎしりに関して対策法をお話しました。不完全や、間違った所もあると所存ですが、ご意見を聞かせてください。そして、もし歯科機器や歯科器具などにご興味を持っている方々はhpへお越し下さい。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp