製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 滅菌器の操作原理

滅菌器の操作原理

 

 近年、医療界の発達につれて、生活レベルも上がり一方で、医療界の機器にも注目を集めています。特に、医療界の各分野の医療機器の滅菌には、関心を持っている方がおおいですね。医療界ときたら、手術のため、色々医療器具が必要です。そして、それらの器具は直接に細胞や血液などど接触する器具なので、使用後しっかり滅菌や消毒しておかないと、次回の手術にほかの患者さんに新たな病を感染させるリスクが高くします。手術の安全性及び、患者さまへの敬意、そして医者個人的な職業品格、医療器具の滅菌と消毒は無視できません。

 

 今日は、滅菌器の操作原理について少しお話します。

 

 滅菌器は一般的に、ある特別な光度や温度そして圧力などにより、滅菌を行います。今日は、二つの滅菌原理について少し検討しましょう。

 1.強い光で輻射及び高温滅菌

 滅菌器の光は、特別な光源から発散した光を利用します。光のウェーブパーティクルにより、強い光から強い輻射を発散して、被滅菌の物はその輻射を吸収して、熱能のなります。そうすると、被滅菌物の温度は、すぐ上がり、微生物などを殺します。そして、滅菌室内の鏡設計から、色々な光化学反応を発生して、非滅菌物表の微生物を殺すことができます。

 

 2.赤外線で滅菌

 滅菌室の蛍光灯の管の近くに遠赤外線の金属網を設置しています。その金属網は、熱能を8~14um遠赤外線に変化させられます。この波長は、微生物にとっては、一番吸収しやすい波長のことで、微生物を消滅しやすくなります。

 

 以上のように、滅菌器は、強い光で輻射及び高温滅菌と赤外線から滅菌することをもっと効率的に、安全的に、便利になるようにさせます。滅菌器(オートクレーブ)は臨床医療だけではなく、骨科、歯科、そして小児科にも広く使われる欠かせない重要な機器になります。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp