製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ハンドピースの滅菌不足になる原因

ハンドピースの滅菌不足になる原因

 

 ある報道により、ハンドピースの滅菌不足でエイズや肝炎に感染させることが世に出る始め、歯科分野の滅菌への注目が日々高まる一方です。確かに、ハンドピースは直接に口腔を接触する器具で、治療中血や唾液などがハンドピースの中に残ることが避けられません。そういう時は、滅菌と洗浄が大事です。では、ハンドピースの滅菌不足にさせる原因はなんでしょうか。今日は、ハンドピースの滅菌不足になる原因についてすこしお話ししましょう。

 

 原因については以下のように分けられます。

 1.ハンドピースの消毒不足により、交差感染の認知が不足です。

 2.お金の不足で、多量のハンドピースを購入後、滅菌機器や消毒機器を購入予算がありません。

 3.ハンドピースを徹底的に滅菌や消毒まで、複雑で時間がかかります。

 4.圧力蒸気滅菌はハンドピースの寿命をに自覚させるかなぁと心配します。

 

 それでは、徹底的にメンテナンスの方式は以下の何点にご注意しましょう。

 1.使用したハンドピースを下ろして洗浄を行いましょう。

 2.超音で洗浄。(超音波で洗浄できないハンドピースは禁止)

 3.消毒室で熱洗浄を行います。

 4.滅菌中専用バッグで密封しましょう。

 5.高温で30分ほど滅菌を行いましょう。

 6.専用バッグ表の表示が変色になると、滅菌が済みます。

 

 もし、滅菌に自信がない病院は使い捨てのハンドピースがおすすめします。もちろん、滅菌や消毒等がそれほど複雑なことではないため、毎度治療後、きちんと消毒や滅菌を行いましょう。それは、ハンドピースの寿命にもよいだけではなく、交差感染もさけられます。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp