製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ご注意、口腔異常により口腔病

ご注意、口腔異常により口腔病

 

 ある専門医の話によりますと、口腔内異常は、口腔内病の兆しとされます。ですから、口腔内には異常を出ると、無視できません。きを付ける方がいいと思いますが、今日は、口腔内異常から起こる口腔病気について少しお話しましょう。

 

 1.歯が半分透明に見える

 その場合は、起こしたことがありますか。歯が半分に透明に見えますと、胃酸が逆流になる可能性が高いです。胃酸が口腔内まで逆流になると、歯のエナメル質を腐食するリスクを高めるようになります。

 

 2.歯がダメージする

 歯にはダメージがある場合は、夜間歯ぎしりの証拠とされます。歯ぎしりというと、ストレスが溜まるから、夜間歯ぎしりがします。もし、長い時間を改善していない場合は、専門医のところに矯正を貰いましょう。

 

 3.歯茎が青白く見える

 なぜかというと、体が鉄不足とされます。体が鉄不足になりますと、ヘモグロビンが足りなくて、肺まで酸素を運んでくる赤血球が減少します。そして歯茎には、血管が多く集まっていますので、赤血球が減少しますと、歯茎は青白く見えます。

 

 4.口腔内には、金属味がする

 口腔内には、金属味がするただ二三日としたら、おそらく味覚障害ですが、長い時間を続けると、ジンク不足という証拠になります。

 

 5.持続的口臭

 もし、口腔内には持続的に臭い味をする場合は、糖尿病にかかるリスクが高いです。糖尿病患者はインシュリンが足りないため、糖などの転換がそんない効率的ではありません。ですから、射入した栄養の糖は直ちにエネルギーに転換できず、その時は体から脂肪をあるケトン類物に分解します。分解されたケトン物は口腔内に貯まると、口臭になります。

 

 以上は、五つの口腔内異常による、病気に可能性について紹介しましたが、ご一読をいただければ、幸いだともいます。超音波スケーラーといったような歯科機器にご興味がある方はアテナデンタルのhpへお越し下さい。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp