製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 注油のオイルについての話

注油のオイルについての話

 

  歯科ハンドピースを長く使えるように、日常のメンテナンスが書かせません。メンテナンスときたら、洗浄、注油、そして滅菌消毒等が挙げられます。これらのメンテナンスのより、ハンドピースの故障を避けられて、ハンドピースの寿命を長くさせられます。ハンドピースの注油というと、ハンドピースの内部洗浄のことだといえると思います。内部洗浄というのは、ハンドピースの内部にオイルを入れて、洗浄を実現します。

 

 注油(内部洗浄)を通して、ハンドピースの機能を安定に保って、回転速や寿命などを保証することができます。現在よく使われる人工的な注油法そして自動的に注油といったような二つの注油方式があります。それでは、スプレー式注油のメリットについて少しお話しましょう。

 

 現在の人工的な注油法ときたら、スプレー式の注油方式を使っている人が多いですが、伝統的な方式で注油する方もいるでしょう。スプレー式注油法は、伝統的な注油法より、効果が著しくて便利です。なぜかというと、スプレーで注油の時には、オイルを気圧の協力で、ハンドピースの内部に通す時には、異物などを取って流します。その同時に、タービンの回転をうごかします。その二、スプレー式注油は、スプレーの形でハンドピーズの内部に入れることにしていますので、均等的にパーツの上に付着します。それにより、パーツをしっかり洗浄ができ、守ることができます。

 

 ハンドピースのメンテナンスについては、毎度使用後の注油、そして定期的に滅菌や消毒等が欠かせません。注油機については、弊社のP&T®ハンドピース用自動洗浄注油器BTY700をおすすめします。いつでも高速タービンとコントラ、ストレートのハンドピースを洗浄、注油できます。高い安全性で使用しやすいです。また、三種類のデンタルハンドピース(高速タービン、コントラ、ストレート)を同時に洗浄、注油できて、BTY700スイングピ二オンで、各角度からハンドピースの洗浄と注油を効果的に完成さ せます。洗浄と注油後、「エアーキー」を押すと残った余計な油を簡単にクリーンできます。ご興味があるたかは、hpよりご参考ください。

 

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp