製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科ハンドピースの分類

歯科ハンドピースの分類

  現在社会の発展とともに、歯科分野への注目が日々高まっていきます。そして、歯科用器具や製品なども広く使われています。今日は、ハンドピースの分類の付いて少しお話したいと思います。

 

 歯科ハンドピースのホールからみると、ハンドピースは2ホール、3ホール、4ホールそして6ホールといった四つがあります。よくホールについてお問い合わせをいただきましたが、ホールはチェアのホースのホールと一致でないと、接続できないのです。ですから、ハンドピースをご購入前、必ずチェアのホースホールをご確認ください、

 

 また、ハンドピースのヘッドのサイズから分類されると、トルクヘッド、スタンドヘッドとミニヘッド、といったような三つに分けられます。ヘッドの大きさにより、ハンドピースの出力だけではなく、用途にも違いがあります。ですから、ご購入の時には、ご要望により、適当なサイズをご購入ください。

 

 以上並んた分類の基準のほか、バーの取り付き方式により、プッシュボダン式と、レンチ式があります。文字通り、ブッシュボダン式は、ボダンをプッシュして、バーの取り付きが実現出来ます。レンチ式は専用器具の協力でバーを取り付きを実現します。

 

 ハンドピースの方についてですが、もしホールが間違いになったら、おそらく正常に出水や稼働できない場合が多いからご購入前しっかりごチェックください。弊社でご購入の場合は、ご購入の時に、ホールを備考してください。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp