製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > よく使われる清浄法

よく使われる清浄法

 現在の社会では、歯を大事にする人が多くなってきました。日常のケアにもいろいろ工夫しましたが、クリニックで治療などをもらう人も結構多かったです。では、クリニックでどのような治療を受けたら、あるいはどのような歯科器具を使って歯を白くさせることができるのでしょうか。今日は、歯科病院で行う2大な方法をお話しましょう。

 

 第一、歯面清掃用ハンドピースで歯の表の歯垢などを除去します。歯面清掃用ハンドピースは特定な砂が高圧の水を流させて、歯表面の異物や垢などを除去するという原理を利用して、歯を白くさせることが実現します。日常の歯磨きだけでは、歯につけるコーヒーやお茶、そして喫煙などのせいで残した垢を簡単に取れません。歯面清掃用ハンドピースを利用して、それらの垢を除去し、そして、再び垢を残る可能性を低くさせます。歯面清掃用ハンドピースは、歯の清掃に使う器具だけではなく、他にも用途があります。例えば、入れ歯の研磨などにもよく効きます。

 

 二番目は、超音波スケーラーで歯を清浄します。超音波スケーラーで歯を清潔することは最も使われている歯科分野での方法でしょう。超音波スケーラーは超音波の振動を利用して歯に溜まる歯石や歯垢などを除去の他、歯を緩くさせるなどがしません。この方法で、歯茎の出血や炎症、そして歯周病などの予防や治療にも効果があります。超音波スケーラーでの清浄のメリットは、時間が短い、副作用がなし、そして効果が著しいこととされます。

 

 以上の記入した二つの方法は現在のクリニック等によく使われる清浄方式です。歯面清掃用ハンドピースの方は、歯の表を研磨して、歯垢などを再び付けつことを難しくさせるのは特徴です。なんといっても、歯を清浄しようとするときは、是非専門医のところへ行ってください。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp