製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 噛み合わせや綺麗さに影響を与える日常習慣(子供編)

噛み合わせや綺麗さに影響を与える日常習慣(子供編)

  自分の歯に関心を持っていますか。かみ合わせや、変色等に気づいたでしょうか。もしくは、自分の歯の問題をそのまま放置して生きるつもりでしょうか。実は、歯に関する問題の中では、多くは日常習慣からなったものだとされています。今日は、かみ合わせや歯の変色について日常の習慣から、話したいと思います。

 

 まずは、間違った睡眠姿勢が挙げられます。腹ばいになって寝ることにしている子供が少なくないと思いますが、、実はこれは歯の成長に悪い影響を与えます。このような姿勢であれば、下顎を圧迫して、下顎の発育に邪魔になります。そして、ピローも下顎の発育に影響があります。ですから、子供に適応なピローや、ピローの高さなどご注意ください。

 

 そして、口呼吸も無視できません。現在の研究によりますと、口呼吸をしている子供が多いです。口呼吸にすると、歯茎などを狭くなせたりして、かみ合わせを悪くさせるようになります。この場合は、子供を耳鼻咽喉科へ連れて、耳や鼻などの原因で口呼吸を起こることを排除してください。そして、子供の日常習慣などについて、正しい指導を

上げて、悪い習慣を改正してあげてください。

 

 また、柔らかい物を食べ過ぎることも挙げられます。柔らかい物を食べて、歯にて適度な生理刺激をあげません。そうすると、歯を生える時に、不揃いになってしまいます。親の方は、日常の食事では、強靭さのあるものを適度に子供に食べさせてください。

 

 以上挙げたことの他、唇を噛むや、舌を吐き出したりして、かみ合わせに影響があります。そして変色については、色素の強いものを食べさせたりして、歯を変色させます。子供であろうと、大人であろうと、歯の健康は自分の生活習慣によく関わっています。自分の歯を大切にして、日常生活から始まりましょう。歯科器具に関する問題は、お問い合わせセンターをご利用ください。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp