製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 夏の口腔ケア

夏の口腔ケア

  だんだん涼しくなってきて、少し遅れるような感じがしますが、夏の高校ケアはどうすば良いでしょうか。夏の時に皆はアイスグリームや、冷たいものが浮きで、翌食べるんですね。でも、アイスや冷たいもの、両方が刺激の強いもので、胃腸だけではなく、歯には害があります。でも、夏になると、アイスなどを食べないと苦しいでしょう。そうすると、夏の口腔ケアが大事にする方がおすすめします。さ、どうすればいいでしょうか。一緒に見ましょう。

 

 *夏にしっかり口腔ケアをしておきましょう

 一年中一番熱い季節では、辛いものや脂っこいものを食べたらちゃんと口腔ケアをしないと、口腔内に細菌を繁殖させます。長い時間を経つと、歯石や牙斑菌などが出てきます。それらの歯石牙斑菌を除去しないと、虫歯や歯周病そして歯肉炎などにかかるリスクを高くさせます。ですので、夏の口腔ケアが無視できません。

 

 *歯にいい食べ物をいっぱい食べてください

 夏では、あるときに冷たいものを食べる、あるときに熱いものを食べる、それかの循環で、歯を破壊することがよくあります。ですから、普段の食事では、できるだけ歯にいい食べ物をいっぱい食べてください。例えば、ミルクや卵といったようなカルシウムがいっぱい含めるもの、そして、果物や野菜等も欠かせません。子供の方がもっと敏感で、一層注意してください。

 

 *適当な歯ブラシや練り歯磨きを使いましょう

 適当な歯ブラシや練り歯磨きは口腔ケアでは欠かせない重要な存在です。自分の歯に合っている歯ブラシ等だからこそ、歯を保護などができます。歯ブラシを選ぶときには、できるだけ、自由に動けるブラシを使いましょう。練り歯磨きのほうは虫歯予防専用のものや、修復機能を持っている練り歯磨きにしましょう。

 

 以上は、夏の口腔ケアについてアテナデンタルより意見を差し上げます。歯科器具などについてアテナデンタルをご利用ください。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp