製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 日常生活では知らない歯科常識

日常生活では知らない歯科常識

   日常生活では、喋りや、食事などに歯が欠かせません。毎日の生活により、歯が色々情報を伝えています。では、歯が私たちに伝えた情報を全部分っていますか。自分の歯の状態を詳しく知っているでしょうか。今日は、歯が伝えた信号に対する歯の状況について少しお話したいと思います。

 

1.歯が痛くなる

 食べ物を噛む時には、急に歯がいたくなったりするときは、虫歯にかかる恐れがあります。日常の歯磨きがきちんとしていなかったりして、口腔内に虫歯菌を繁殖させて、歯磨き後残ったものを分解し、酸を生じて歯を腐食するようになります。そういうことにより、虫歯にかかります。ですから、歯がわけのわからなく痛くなった場合は、虫歯にかかるかどうかしっかりチェックをください。

 

 歯の痛みに対しては、もう一つの痛みは時々痛くなり、長い時間を続ける痛みのことです。これは、夜間歯ぎしりする可能性が高いです。その時は、夜間マウスピースをつけて寝るのは、歯ぎしりを矯正できます。

 

2.歯が変色する

 知らず知らず歯が変色したりして、元の白さに戻らない時がよくありますね。それは、日常では、コーヒー、お茶、そしてワインなどを飲んだ後しっかり歯磨きしていなかったからです。有色ドライリングを飲んだ後必ず口腔ケアをしっかり行いましょう。必要なときは、専門歯科用具でクリニングすることもおすすめします。

 

3.歯茎に出血する

 しっかり歯磨きしないと、口腔内に細菌を繁殖させやすくなり、口腔内では、虫歯や歯周病などにかかるリスクを高めます。でも、歯磨きする時に力を入れすぎて、歯茎に出血をさせたりして、歯茎には炎症になり易いです。もし、出血などは、二三日続けて改善できなかった場合は、歯肉炎にかかる可能性があ高いです。

 

4.口腔潰瘍

 口腔潰瘍にかかる原因は、おそらく熱すぎる食べ物を食べたり、辛すぎる食べ物を食べたりして、口腔潰瘍にかかります。その時には、ビタミンAを含めるものをいっぱい食べるほうがおすすめします。

 

 以上ですが、日常から知らない歯の知識をお伝えします。アテナデンタルの弊社はいつも皆さんの歯の健康を守るため、正規的な歯科機器などを販売しています。ご希望の方は、是非ご来店下さい。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp