製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 時間による口臭の違い

時間による口臭の違い

   誰でも、お口のニオイは気になるものです。どんなに身だしなみを整えても、息がくさいと、それだけで評価が格段に下がってしまいます。「口がくさい」「息が臭う」言われたら、自分という人間そのものまで否定されたような、つらい気持ちになるのではないでしょうか。口臭については、大した歯科器具により治療することが必要ありません。もし、長続きの口臭であれば、虫歯や歯周病などで起こしたものという可能性が高いから、ご注意ください。

 

朝は一日のうちでも最も口臭がきつくなる時間帯なので、夜寝る前にきちんと歯磨きをしている人でも、起床した時ににおいを感じる場合があります。それは、朝の寝起き。なぜなら、夜寝ている間は口臭の原因となる雑菌を洗い流す唾液の分泌が減るからです。

 

朝の歯磨きは、直職前に行うのが効果的です。朝は、口腔内に臭い成分と共に沢山のサイキンが繁殖した状態になっています。そのため、まず朝食前に歯を磨くことでサイキンによって作られていた臭い成分とサイキンを除去することができます。また、最近は朝食を取らない人も増えていますが、早い時間に朝食を食べることで唾液の分泌量を増やし、口の中を中性に保ち口臭を減らすことが出来ます。

 

そして、刺激のあるものを食べたらの口臭については、においが胃から上がって起こるのではありません。食べ物が消化吸収される際、においの分子も血液中へ送り込まれます。全身を巡った血液は肺で二酸化炭素を放出しますが、血液中のにおいの分子の濃度が高いと二酸化炭素に混じって食べ物特有の口臭を発生させるのです。

 

口臭を発生しやすい食べ物については、にんにく、ネギ、韮、またアルコール類などが含めています。体にいい食べ物もありますが、パブリックでは、避けてください。

 

 

 

 

 

  


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp