製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 八重歯について

八重歯について

   八重歯とは、歯牙が叢生した状態、特に上顎犬歯の低位唇側転位を指す通俗的表現です。「押歯」「添歯」「鬼歯」とも言います。重歯は「かわいらしい印象」と認識されていましたが、最近ではきれいに整列した前歯の方が「健康的・活動的な印象」を相手に感じさせるとされています。予後の良い八重歯は、顎の動きを妨げることがないため、下の歯からの影響はあまり受けません。予後の悪い八重歯は、下の歯列と、互いに「歯が食い込んでいる」ため顎の動きを妨げます。

 

  実は八重歯は犬歯という歯で歯の中でも最も長く、噛み合わせにとってとても重要な歯なのです。この犬歯が八重歯という状態で噛み合わせに参加できないと、ほかの歯に負担がかかり、将来歯を失う可能性が高くなるのです。

 

  顎骨の劣成長や乳歯の脱落遅延などによって生じる現象であり、永久歯が正常に萌出するためのスペースが確保できない場合に発生する。また先天的な歯冠幅や骨格によっても左右されるため、遺伝的な要因が大きいとされます。日本では古くより八重歯のアイドルが多数存在したが、欧米では八重歯は歓迎されません。

 

  中学生以上の八重歯を矯正治療で治す場合、八重歯が目立つ方であれば第一小臼歯(八重歯の奥の歯)を抜歯して、矯正治療を行うことが一般的です。八重歯=犬歯は根が長く、太いため噛み合わせにとって重要で、あまり抜歯をすることはありません。第一小臼歯を抜歯した隙間を使って八重歯を下してきます。歯の表面にブラケットという歯科器具を付け、歯1本、1本に力を加え、歯を動かしていきます。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp