製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯がグラグラする原因

歯がグラグラする原因

  時におって、自分の歯はグラグラと揺れることが一度でもないでしょうか。揺れるようになった場合は、なんとか悩んでいましたよね。揺れる原因はなんでしょうか。知っていますでしょうか。揺れる時には、歯科器具で治療したりする必要があるでしょうか。きょうは、歯が揺れる原因について、少しお話します。

 

原因一:歯周病

  歯周病が進行すると歯がグラグラと揺れ始め、最終的には抜けてしまうこともあります。歯周病は進行してからの治療は難しく、予防をしていくことが大切な病気です。

 

原因二:歯ぎしり

  歯ぎしりは長時間、歯に異常な力がかかり続け歯を支えている骨にダメージを受け、歯がグラグラしてきます。歯は通常、食事の際に接触している時間は1日20分程度です。歯の揺れや、すりへり、欠け、割れることもあります。

 

原因三:被せ物や土台が取れ

  土台や被せ物が取れていると歯がグラグラしてきます。

 

原因四:根の先に膿が溜まっている

  歯の根の先に膿がたまり、感染して腫れると歯がグラグラしてきます。

 

原因五:歯の根が割れ

  歯が割れてしまうと歯がグラグラとなり、場合によっては歯茎が腫れたり、強い痛みを伴うことがあります。神経が無い歯は枯れ木と同じ状態で徐々に水分が抜け、割れやすくなります。

 

  その他、怪我などで歯に傷つけたり、歯を割れさせたりして、歯が揺れるようになるときも少なくありません。もし、病気で揺れるようになった場合は、早めに病院で治療してください。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp