製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病と被せ物

歯周病と被せ物

   セラミックのみでできた詰め物・被せ物です。本物の歯と遜色のない、自然な質感・見た目を再現できます。ただし、本物の歯より硬いため、稀に欠けてしまうことがあります。 

 

  歯周病治療は、歯肉の治療を行うだけではありません。

現在行ってある被せ物が ぴったりと合っていない場合

歯が欠損しており、ブリッジ等の治療を行う場合

虫歯がある場合

グラグラしている歯を固定する場合

 

   前歯(犬歯から犬歯の6歯)は、白い歯が認められていますが、奥歯(奥から4歯分)は、金属製の被せ物しか認められていません。また、前歯は白くはできますが、素材は限定されてしまいます。前歯で使用できる歯科材料は、『硬質レジン』と言われる素材です。

 

  「白い金属」とよばれ、金属並みの耐久性とオールセラミックを上回る白さを兼ね備えた被せ物です。高価ですが、費用に見合った見た目と美しさを再現できます。

 

   さまざまな理由で、金属やセラミック等の被せ物(いわゆる差し歯)を行うことがあります。そして、この被せ物には、さまざまな種類が存在します。ゴールドインレー・クラウンメタルボンドファイバーポストラミネートベニアジルコニアセラミックハイブリッドセラミックインレー・クラウンオールセラミックインレー・クラウンなどがあります。

 

 

  被せ物には、保険の被せ物と自費の被せ物があります。自費の被せ物には、大きく分けて、

* セラミック

* ハイブリッド セラミック

* オールセラミック

* 金(20K)を使用した被せ物

があります。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp