製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 矯正治療と8020運動

矯正治療と8020運動

  まずは8020運動について知っておきましょう。8020運動はどのような運動でしょうか。実は、8020が厚生労働省や日本歯科医師会により推進されている運動です。が、どの運動でしょうか。生涯にわたって自分の歯でものを噛んでいけるように、「満80歳で20本以上の自分の歯を残す」ことを目標としています。20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することが出来るという運動だといられています。80歳には、20本の歯を残すということについては、普段のケアに歯科用具などを利用するほうがいいと思います。

 

  「8020運動」は「80歳」という標的年齢が設定されているため、高齢者の歯科保健対策と受け取られやすい面もありますが、「8020」を達成するには生涯にわたる歯科保健対策が必要です。つまり小児期からの対策を充実させることも立派な「8020運動」なのです。

 

  8020運動には、矯正治療との関係や絆はなんでしょうか。

 

  歯列矯正は8020運動を実現していくうえで、重要な役割を果たします。歯列矯正をすることによって、ただキレイな歯並びを整えるだけではなく、良い噛み合わせを保つことが可能となるからです。上下の歯が正常に噛み合うと、しっかり噛め、正しく食事を摂取することができるようになります。

 

  「8020」を達成するためには、80歳という設定にこだわらず、歯を大切にする意識を生涯持ち続けることがポイントです。
虫歯や歯周病といった歯が抜けてしまうリスクを日常的に予防することが「8020」達成につながります。


  なぜ歯が抜けてしまうのか?を考えながら予防をすることで、いつまでも自分の歯で噛めるようにする可能性を高くすることができます。以下は、歯が抜けないようにするための代表的な予防方法です。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp