製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ポータブル式歯科X線診断装置AD-60Pについて(1)

ポータブル式歯科X線診断装置AD-60Pについて(1)

 

 

 いつもお世話になっております。弊社は歯科器材,技工機器のサイト「アテナ デンタル」にお越しいただきありがとうございます。当店は数多く正規代理店と連合して、お客様に品質のよい安価の最新 の歯科器材、歯科衛生士器具と技工機器を日本の歯科医師の先生方に提供いたします。今日はX線診断装置AD-60Pについて少し紹介させていただきます。

 

 

操作

 

①稼働

◎スイッチを押して3秒続いて、すべての文字がLCD画面に表示され、ブザーが鳴ります。 デバイスは5秒間の準備します。

◎露光条件は最後の時間を条件として、前回の操作を保存することができますように画面上に表示されます。

◎5分間に操作がない場合、デバイスは自動的にオフになります。

 

②露光時間を設定

◎まず歯を選別します。

◎必要によって下記を選択できます

 

問題の判断に役立つことがあります。

E01:バッテリーが電量低下する場合、充電する必要があります 

E10:フィラメント電圧なくなります 

E11:フィラメント電圧を下げることします 

E12は:フィラメント電圧高すぎます

E13:フィラメントが常に明るい

E30:kVが異常

E31:KVが低下する場合

E32:kVが高い 場合

E40:mA が異常 

E41:mA が低下 

E42:mA がより高い 

E50:X線発生器が過熱

 

 ディスプレイE10〜E42は、すぐに機器の電源を切り、後で5mins待つもう一度デバイスを稼働してください

ディスプレイE50は、すぐに機器の電源を切り、その後30分程度待ってもう一度デバイスを稼働してください

 

バッテリの充電 

 ◎高効率のリチウム電池で、一回充電した後、500回以上照射することができます。

 ◎電池を充電する際に付属品として提供される唯一の許可された充電器を使用してください。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp