製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 1分でできる【歯周病】の危険度チェック

1分でできる【歯周病】の危険度チェック

  歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします。痛み等がほとんどしません。歯周病にかかると、歯科器具で診査や治療などをする必要があります。

 

□ Q1.歯磨きをすると血がでることがある。

□ Q2.治療していない虫歯がある。

□ Q3.食べ物が歯と歯の間につまりやすい。

□ Q4.歯ぐきの色がピンクではなく、赤や赤紫になっている。

□ Q5.口で息をしていることが多い。

□ Q6.最近、口臭が気になる。

□ Q7.歯がしみることが多い。

□ Q8.寝ているときに歯ぎしりや、いびきをかく。

□ Q9.抜けた歯をそのままにしている。

□ Q10.糖尿病がある。

□ Q11.強く噛みしめると歯がグラグラする。

□ Q12.タバコを吸う。

□ Q13.硬いものを噛むと痛む。

□ Q14.甘いものが好き。

□ Q15.前歯にすきまができた。

□ Q16.朝起きたときに口の中が不快でべとつく。

 

 以上のチェックについてですが、毎日ご自分でも簡単にチェック出来ます。0個の場合は、とても健康で、心配する必要がありません。1~5個の場合は、歯肉炎や軽度の歯槽膿漏の疑いありますので、日常のケアを無視しないでください。6~9個の場合は、歯肉炎歯槽膿漏などが少し進行してしまい、歯周病にかかる疑いがありますので、病院で診査や治療を受ける方がおすすめします。10個以上当たる場合は、歯周病にかかると確認できます。すぐ治療してください。

 

歯周病という口腔内の病気では、キスなどにより人に移る可能性がありますから、一旦発見したらすぐ治療をください。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp