製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 子供の口の豆知識

子供の口の豆知識

   最初に子どもの歯がぐらぐらしてくるのは、5歳くらいに下の前歯からというのが一般的です。指しゃぶりやタオル咬みなどの癖があったり、小さい頃に上の前歯をぶつけていたりすると、上の前歯が先にぐらぐらしてくることもあります。子供のはと言っても、子供むけの歯科機械でくるくる掃除できます。

 

 子供の歯、いわゆる乳歯は生後6ヵ月位から生え始めて、3歳位で生え揃います。しかし、その後に生え替わる永久歯は、すでに0歳の時から顎の中で作られ始めているのです。虫歯の予防は、歯が出てきてからしっかり歯磨きすればよいと思いがちですが、永久歯の形成期のこの時期に栄養が十分でないと、生えてきた歯がもろかったり、色や形がおかしかったりすることがあります。

 

 生後6ヵ月程で乳歯は生え始めますが、お母さんが磨いてあげるのは2歳半から3歳頃までにして、その後は自分で歯磨きをする習慣をつけましょう。もちろん初めからきれいに磨けるわけはありません。0歳から3歳までは自分で口の中の管理まではできません。どうしてもお母さんが管理してあげなければならない時期ではあるのですが、子供の自主性を育てていくうえでもよく噛んで、よく食べて、よく磨く習慣が自然に受け入れられるようにしていきましょう。

 

  子供の乳歯がどうせ変えると思って、虫歯に生かしても構いませんという考えをやめましょう。乳歯の根っこが永久歯に影響をもたすので、決して油断しては行けません。乳歯のときから、お子さんに歯のケアの大切さを教えてあげて、毎日しっかりとケアをする習慣を付けましょう。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp