製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > MFTを受ける人間

MFTを受ける人間

   お口の筋機能療法は、舌や口唇および顔面の筋肉など、口のまわりの筋肉 を強くして、バランスを良くし、正しく機能させるためのプログラムで、MFTORAL MYOFUNCTIONAL THERAPY:口腔筋機能療法)と呼ばれています。不正咬合の原因でもある舌癖や、口腔習癖の改善、口呼吸によるドライマウスを改善などを目的に、様々なプログラムがあります。そして、治療に関する歯科器具も色々含めています。

 

(1)指しゃぶりの名残

  幼児期より指しゃぶりを長く続けると上下の前歯の間に大きな隙間が開く、開咬という状態になってしまいます。5歳を過ぎた頑固な指しゃぶりは注意が必要です。また、たとえ指しゃぶりをしなくなっても、既に出来てしまった隙間が気になり、そこへ舌を突っ込んでしまうため、それが癖になってしまうことがあります。

 

(2)乳歯の早期喪失

  乳歯から永久歯への歯の生え変わりの際に、乳歯が抜けて歯がない状態になるとどうしても舌を歯の隙間に押し付ける癖が出てしまいがちです。乳歯が早く抜けてしまい永久歯がなかなか生えてこなかった場合、歯がない状態が長く続いてしまうと、その癖が長く続いてしまうので、永久歯が生えてきても舌癖が残りがちです。

 

(3)口呼吸

口呼吸をするため、舌がいつも低い位置にある)鼻の病気…アレルギー性鼻炎、慢性鼻炎、蓄膿症などのどの病気…扁桃肥大、アデノイドなど

 

(4)舌小帯の異常

舌小帯が張っている場合です。舌小帯は舌の裏側のヒダ状のスジの事を言いますが、これが張っていると、舌の動きを阻害してしまいます。舌を上に上げづらくなるため、舌は通常よりも下に下がってしまいます。

 

)遺伝


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp