製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 口臭の原因2

口臭の原因2

  口臭のほとんどが口の中の気体が原因であることが明らかにされています。口の中で生息している嫌気性細菌が、唾液、血液、古くなった細胞或いは食べカスに含まれるタンパク質などを分解して、臭いの元である硫化水素、メチルメルカプタン及びジメチルサルファイドと呼ばれる揮発性硫黄化合物を産生することにより、口臭が生じます。一般的の生理的な口臭であれば、専門医のところで、専門の歯科器具により専門治療が必要ないですが、病理的な口臭が生じた場合は、やはり治療を受けた方がおすすめします。

 

 口臭の原因というと、口の中がパサパサしていたり、口の中がパサパサしていたりすることが言うまでもないと思います。口臭の原因がわからない、いくら歯磨きしても口臭が出てしまうという悩みを持つ方が増えています。口臭のあの独特のニオイは人間が不快に感じるニオイのベスト3に入ると言われていますが、口臭の臭いは人間が本能的に嫌うニオイとされています。

 

 あなたは「口臭の原因の9割はこれ」といわれるものが何か、知っていますか?じつは口臭は、歯や歯肉の健康状態と大きなかかわりがあります。それだけに口臭が気になるという人はもちろん、自分では気がついていない人も、オーラルケアの大切さを知っておきましょう。まず、あなたの「口臭の危険度」をチェック。

 

 フッ素が虫歯予防に効果があることは、以前からよく知られています。ヨーロッパでは子どもの虫歯予防のため、水道水にフッ素を混入する国もあるくらいです。じつは日本の緑茶、それも茎の多い番茶にはフッ素がたくさんふくまれています。また最近の研究では、乳酸飲料やヨーグルトなどにふくまれる乳酸菌には、虫歯菌や歯周病菌の増殖を抑える効果があることが判明しています。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp