製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯の神経

歯の神経

  歯の中には「歯髄」と呼ばれる神経や血管を含む組織があります。むし歯や外傷によって歯髄が感染したり壊死(えし)したりしてしまうと、歯髄を取り除く根管治療が必要になります。さらに一度根管治療を行なったにもかかわらず、再び根管が感染してしまったり感染が残っていたりする場合は、再根管治療が必要となります。

 

  一度経験済みの方は、ギュイ~ンと歯に穴をあけられて、何だか針みたいなものでごそごそガサガサされている、そんな感覚を味わっていらっしゃることでしょう。穴にはお薬を詰めてふたをして、その後型を採って金属を入れて…と、何となくしていることはわかるような、わからないような、という不安をお感じになりませんでしたか?歯の神経の治療というのは、むし歯の穴を削って詰める治療よりずっと複雑です。先生から話だけきいてもちんぷんかんぷんということが多いのがこの治療内容です。

 

  歯の痛みは虫歯だけでなく様々な原因でおこり、歯の根の神経を取ったからといって、他の神経が痛みを感じるようになっているからです。また、歯の神経を取ると、虫歯にかかっても痛みを感じにくくなるので発見が遅れて、気がついたら顎の骨の中に膿みが溜まってしまったということもよくおこります。自分では痛みが無ければなかなか病気に気がつきませんのでそう考えても定期的な検診はとても大切になるのです。

 

  根管治療で大切なことは、根管内にいる細菌をできるだけ消毒すること、新たに根管内に細菌を侵入させないことです。そのためには根の治療をする際に、ラバーダムと呼ばれるゴムのマスクを歯につけて治療する必要があります。ラバーダムをした状態で、根管の拡大・清掃・洗浄を行ない、ガッタパーチャと呼ばれる材料で根管内をしっかりと封鎖し、細菌が再び侵入しないようにします。このような治療法を根管治療の無菌的治療法と呼ぶことがあります。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp