製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯のコンプレックスを審美歯科で解決する方法

歯のコンプレックスを審美歯科で解決する方法

 ホワイトニングは歯の色素を抜いて白くする方法で、歯が黄色っぽい方に効果的な方法です。歯のコンプレックスを審美歯科で解決する方法というと、歯医者で行うオフィスホワイトニング、ホワイトニング効果を持続させたい方は自宅で行うホームホワイトニングがお勧めです。

 

 

  ホワイトニングは歯自体を傷つけることはありませんが、歯の色は戻ってくるので白い歯を持続したい人はオフィスホワイトニングを行い、自宅でホームホワイトニングの併用を行うとより白く、より効果が長く続きます。

 

  ラミネートベニアは歯の表面を一層削り、セラミックのシートを貼り付ける方法です。歯の変色が強い場合、ホワイトニングでは白くなりません。ラミネートベニアによって歯を白くさせられます。セラミックの為、一生歯の色が変わることはありません。

 

  歯の変色は小さいときの薬やもともとの色が茶褐色で、コンプレックスを感じている方も多いです。ラミネートべニアは歯を削る量も少なく、噛み合わせも変えないで治療が出来るので効果的な方法です。

 

  セラミッククラウンは神経が無くなって、もろくなった歯を補強しながら歯を白くする方法です。セラミッククラウンは歯の形や並びなどもきれいにすることができ、歯の色も一生変わることがありません。

 

  歯の神経が無くなってしまうと変色し、割れやすくなります。グラスファイバーの土台をつくり、セラミッククラウンで被せることによって長期間歯を保存することができます。

 

  インプラントは歯を失った部分に新たな歯を作る治療です。歯が無くなるとその部分では噛めなくなり筋肉が衰え、しわが増えます。また左右の噛む筋肉のバランスが崩れ、顔が歪んでしまいます。インプラント治療は歯だけでなく顔の審美性まで改善します。

 

 歯のコンプレックスを解決する方式がたくさんあり、自分の現状に関して、専門者にときちんと相談する方がおすすめします。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp