製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > むし歯に対する治療

むし歯に対する治療

 むし歯の原因は ①歯の性質 ②むし歯菌 ③食生活の3つの悪いところが重なり、さらに歯を磨くまでに時間がかかってしまうとできるといわれています。虫歯や歯周病など、歯や歯ぐきに病気があると、身体の他の部分がむしばまれることがあります。虫歯を放っておくと、発育が遅れるといったような身体や精神に悪影響を及ぼします。

 

 う蝕が歯の表面に限局している場合は、削らずに再石灰化を期待しますが、進行すると削ってつめたり、かぶせ物をする治療を行います。さらにう蝕が歯髄まで達して歯髄炎をおこすと、歯髄を除去する治療(抜髄(ばつずい))を行います。抜髄は「神経を抜く」と表現されることも多く、歯自体は残して神経だけを治療するのです。歯髄が化膿した場合には、歯髄壊疽をおこしたり、さらに歯根の先に炎症(化膿)が進行して、歯根膿瘍や歯根嚢胞ができる場合もあります。その際も歯髄の治療を行い、まだ歯を抜かずに治療ができる場合もあります。さらにう蝕が進行し保存することが不可能になったら抜歯をすることになります。

 

 

  例え浅くとも、虫歯があちこちにある方は、お口の中がすでに虫歯にかかりやすい環境に傾いてしまっています。このような場合は、お口の抵抗力を取り戻すために、次のようなことを行う必要が有ります。


1) 歯科医院で歯磨き指導を受け、正しい歯磨きを身に付けて下さい。


2) フッ素やキシリトール入りの歯磨き剤やお口のリンス剤を積極的にご利用下さい。


3) 予め奥歯の溝を樹脂でシール(塞ぐこと)して下さい。(予防充填(じゅうてん)と言います。)


4) 定期的に検診を受け、虫歯の進行状態をチェックして下さい。


5)虫歯の程度に合わせて、それぞれの治療を受診して下さい。

 

 実は、虫歯の進行階段により、治療法などが違います。虫歯治療に関する歯科器具といえば、ハンドピース

などが欠かせないです。必要なときに医者のことろに相談してください。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp