製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ホワイトニングが出来ない場合

ホワイトニングが出来ない場合

 加齢や遺伝により黄歯を専用の漂白剤で漂白していく方法はホワイトリングといいます。歯の表面の汚れなどは、歯のクリーニングで落とします。歯のホワイトニングは黄ばみを白くさせます。例えば、泥で汚れた白いシャツを洗剤を使って洗濯するのがクリーニングで、汗などで黄ばんでしまったシャツを漂白剤で白くするのがホワイトニングです。ホワイトニングのメリットは、何と言っても"歯を削らずに白くできる"ところです

 

 ほわいとりんぐをとして、歯を白くさせて、自分のことをもっと自信させられるんですが、誰でもホワイトリングに適しているわけではありません。では、ホワイトリングができない場合はなんでしょうか。以下に一緒に見ましょう。

 

 

 

  次のようなケースは、ホワイトニングが出来ません。

 

× ホワイトニングする歯に大きな虫歯や歯周病がある場合

× 歯の成長過程で、エナメル質や象牙質が十分に成長しきれなかった場合

× セラミック・金属・プラスチックなどの人工の歯

× 妊娠中の方

× 無カタラーゼ血症の方

 

  次のようなケースは、ホワイトニングに向きません。

 

× 歯の神経がないため変色している場合

× 歯が外傷を受け変色している場合。

× 抗生物質などの影響で歯が縞模様やグレー・茶色に強く変色している場合

× 薄い縞模様の色むらがある場合

× エナメル質に亀裂が入っている場合

× もともと知覚過敏のある歯

 

 

  妊婦に対してホワイトニングが良くないというデータはありませんが、大丈夫だというデータもないので、基本的に妊娠中はホワイトニングを行いません。その他、テトラサイクリン歯などで歯の変色が非常に強い場合や、金属による歯の変色、歯の神経(歯髄)が死んでいる歯などに対しては、ホワイトニングでは十分な効果が出ないことがあります。ホワイトニングでは十分な効果が期待できない場合は、ラミネートベニアやクラウンによる治療が必要となる場合もあります。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp