製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 親知らず抜歯後、抜糸まで注意しなければいけないこと

親知らず抜歯後、抜糸まで注意しなければいけないこと

親知らず・とは、ヒトの一種とされます。「智歯」「知恵歯」「第3大臼歯」、歯科用語では「8番」とも呼ばれます。おおむね10代後半から20代前半に生えてきます。すべての人に生えてくるわけではなく、上下左右の4本が揃わなかったり、全く生えてこない人もいます。出血が止まらないときや、腫れ続いているときには親知らずを抜いた方がおすすめしますが、抜いた後、注意点はなんでしょうか。下記のように少しお話します。

 

 まずは歯磨きについてです。親知らずを抜いた後、優しく歯磨きしてください。親知らずの抜歯後、多くの場合傷口を糸で縫います。歯磨きをするときに糸を引っ掛けてしまうと取れてしまうことがありますので、十分注意ください。

 

 そして、食事のときに、できるだけ反対側の歯を使ってください。麻酔が効いている間は唇を噛んだり、傷口に食べ物が当たっても気づかないことがあります。また、食べ物が直接傷口に当たると出血してしまうことがありますので、軟らかい食べ物を抜歯をした反対側で噛むようにしてください。

 

 言うまでもなく、親知らずを抜いた後、激しい運動や、喫煙、及びお酒のことなどを控えてください。喫煙によって親知らず抜歯後の歯茎の治りが悪くなり、激しい運動を行うと血液の循環が良くなり、血が止まりにくくなりますので、注意してください。

 

 親知らずを抜いた方がいいか悪いか専門医のところに専門歯な指示をもらいましょう。歯科用品なども医師のもとにつかってください。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp