製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ホワイトニングの安全性と危険性

ホワイトニングの安全性と危険性

   歯を痛めないお薬を表面からしみこませて、歯を変色させている、着色物質を分解して歯を白くする治療法ホワイトニングといいます。あなたの、きれいな笑顔には美し白い歯がかかせません。

 

  最近では歯のホワイトニングは多くの歯科医院やホワイトニングサロンで行われていて、受ける方も年々増加しています。ホワイトニングは歯を溶かす、歯を削る、歯が脆くなる、神経が死ぬことがあるなど、歯に悪いからやらないほうがいいという考えの歯科医師もいます。本当にホワイトニングは歯に悪いのでしょうか。

 

  歯のホワイトニングには色々な副作用があると言われています。ホワイトニングの副作用は、ホワイトニングの種類によって起こることがあります。治りが遅い副作用もあるため、まずはどのような副作用が起こるのかを理解しておく必要があります。

 

  歯が脆くなるリスク ホワイトニング剤に含まれる過酸化水素は、オフィスホワイトニングで15~35%、ホームホワイトニングでは10~22%で通常の消毒剤として使用されているものです。ホワイトニング剤に使用されている過酸化水素は、食品添加物にも使用されているものです。また、ホワイトニング剤に使用されている過酸化尿素は歯茎の治療薬としても使用されています。このようなことから言っても、ホワイトニング剤で歯が脆くなるというリスクはないと言えます。

 

   LEDライトによる副作用を心配されている方が稀にいらっしゃいますが、上述したように発熱しないため、特に大きな副作用はありません。紫外線も含まれていないため、LEDライトを照射したからといって日焼けすることもありませんのでご安心ください。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp