製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 入れ歯

入れ歯

   入れ歯には、一般的なバネを使った入れ歯だけではなく、たくさんの種類があります。近年では、やわらかい材質で作られた入れ歯や、金属のバネの無い入れ歯なども使われているようですが、入れ歯を専門に学んだ私は、残っている歯の保全ができ、長く機能し、噛めることのできることを条件とした入れ歯かどうかを見極めて、できるだけ長く機能する治療方法を提案します。入れ歯もインプラントも長年手掛けてきたからこそ言える、それぞれの特徴を誠意をもってお伝えできます.

 

 入れ歯には大きく分けて部分入れ歯と総入れ歯があります。部分入れ歯は歯が残っており、その歯にはりがね等をかけることにより外れにくくしている入れ歯です。総入れ歯は文字通り歯がなくなってしまい全ての部分が入れ歯になったものを一般的に指します。

  今日は部分入れ歯についてお話します。

 

  コストを安くできる保険の入れ歯は、高齢で噛む力が弱くなっている人にお勧めします。保険診療の中で作ることができ、金属のフックとプラスチックの歯と歯茎で作られています。保険診療3割負担の方で5,000円~10,000円程度です。噛む力は歯に比べて20%~30%で、硬いものや粘着性の物は噛むと入れ歯が動いてしまいます。

 

  見た目がきれいなフックのない入れ歯保険診療の入れ歯では金属のフックが気になる方にお勧めします。金属のフックの部分を歯や歯茎の色のプラスチックで作られています。

 

  金属で薄く補強できる入れ歯歯がよく壊れる方にお勧めします。残っている歯で安定させる入れ歯インプラントは避けたいが、硬いものも噛みたい方にお勧めします。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp