製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 8020運動は夢ではない

8020運動は夢ではない

  「8020(ハチ・マル・二イ・マル)運動」は、「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動で、生涯にわたり自分の歯でものを噛むことを意味します。近年「8020」を達成している高齢者は増加していますが、高齢者全体が増えていますので、「8020」を達成していない高齢者も増加傾向にあります。

 

日本歯科医師会では、高齢になっても豊かに楽しく過ごしていただくために、いつまでも自分の歯で、自分の口から食事をとることさせたいと考えて、診療所や地域におけるいろいろなお口の健康を保持・増進する活動によって8020運動を推進しています。

 

8020達成率は、運動開始当初は7%程度でしたが、厚生労働省の調査によると、80歳~84歳の8020達成率は21.1%で、85歳以上だと8.3%にまで伸びてきています。また、厚生労働省の「健康日本21」では中間目標として8020達成率20%を掲げましたが、2007年(平成19年)に出された中間報告では、それを上回る25%を達成しました。

 

  歯を失う原因で最も多いのが歯周病とされます。生活習慣によるこの病気は、初期を含めると成人の80%以上がかかっています。日頃の仕事の忙しさに任せて、”暴飲暴食”や”不規則な生活”など、日常の生活習慣の乱れが歯周病につながりますので、毎日の歯磨きといったような手入れが重要です。

 

 

地域歯科保健活動

 地域の歯科医師会では、8020運動の一環として、歯科衛生士、保健師等と協力して行政と次のような活動などをしています。

 

1.1歳6カ月児・3歳児歯科健診、予防活動

2.保育園、幼稚園、学校での歯科健診

3.職場、地域での歯科健診

4.歯科保健教育、相談事業

 

以上といったような保健活動が行ってあり、8020運動を支えていきます。その他、心身障がい者歯科保健活動休日救急歯科診療なども指摘されました。定期的に歯に関する審査をもらい、歯周病などを事前に避ける方がおすすめします。その方が、もっと8020に近づくようになれると思います。日々の手入れにも、クリニングやホワイトニングなどを定期的に下方がいいと思います。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp