製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ハンドピースの日常メンテナンス

ハンドピースの日常メンテナンス

   歯科治療に欠かせない重要な存在感をもっているハンドピースは、日常のメンテナンス上では、どうすればよいですか。どうすれば、ハンドピースを長く使えるようになればのか一緒に見てみましょう。

 1. 準備

1バー/チップを取り外します。

2ハンドピースをモーター/カップリング/ハンドピースコードより取り外します。

治療後、血液などが付着したまま放置されますと、内部で血液が凝固し、さびが発生する場合があり故障の原因になります。

 

2. 清掃・消毒

1,表面の汚れをブラシ(金属製は不可)等で払い落とします。但し、血液等が付着している場合は、38℃以下(ぬるま湯)の流水で外装についた血液等を落とします。

2,消毒用アルコールを染みこませた綿等で丁寧に拭き取ります。

· ・清掃/消毒を行う際には適切な防護服を着用する事をお勧めします。

· ・超音波洗浄器による清掃/消毒は機器損傷の恐れがあるので行わないで下さい。

· ・ハンドピース表面の汚れを流水で洗い流す際は、ハンドピース後部より水が内部に入らないようにご注意下さい。

· 
水分が残った状態で注油を行うと、注油の効果が損なわれるだけでなく、内部腐食等の発生する原因となります。


 

3. 注油
パナスプレープラスでの注油

00001. パナスプレープラスのノズル部にスプレーノズルをしっかりと差し込みます。

00002. スプレーノズルをハンドピース後部に差し込みます。

00003. ハンドピースを押さえて、ハンドピース先端よりオイルが出るまで2~3秒スプレーします。注油は先端から異物等の汚れが出なくなるまで繰り返し行います。

チャック内の清掃(目安:週1回)※FGバー使用製品の場合

00001. パナスプレープラスのノズル部にチップノズルを取り付けます。

00002. プッシュボタンを軽く押しながら、バーの取り付け穴へ直接スプレーします。

チャック内の清掃は注油の前に行って下さい。

4. 滅菌

滅菌パックにハンドピース類を収納封印し、以下のいずれかの条件でオートクレーブ滅菌を行います。

[滅菌条件]

134℃で3分間以上/132℃で15分間以上/121℃で20分間以上

· ・ご使用のオートクレーブ滅菌器の取扱説明書に従って下さい。

· ・オートクレーブ滅菌前は、必ず十分な洗浄/注油を行って下さい。

· ・乾燥工程において135℃をこえてしまう場合は、乾燥工程を省いて下さい。

 

5. 保管

滅菌終了後は専用滅菌ケース(または滅菌パック)のまま清潔な場所で保管します。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp