製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 副鼻腔炎の原因がおそらく虫歯

副鼻腔炎の原因がおそらく虫歯

 

  風邪や花粉症の時期に気をつけなければいけない病気の1つに、副鼻腔炎があります。副鼻腔炎は風邪や鼻炎の症状と似ているため、判断を間違えると症状がいつまでも続き治らないのです副鼻腔は鼻や目の下辺りに広がる空洞です。虫歯による細菌感染や歯の治療により副鼻腔炎になることがあります。また、目の下辺りの空洞に痛みや響く感じ、鼻詰り、頭痛、歯の痛みがある時は、上顎洞炎の可能性があり、上顎洞炎の治療をすることにより、歯の痛みがなくなることがあります。

 

  頬の痛みや頭痛、眼の奥の痛みを感じることがあり、悪臭のする鼻水が喉にたれてくることも多くあります。いずれも片側だけに起こることが多く、歯は噛めば痛い程度で、歯の症状が少ないこともよくあります。

1.虫歯の放置

.歯の神経が自然に死んでしまった

3.歯周ポケットが深い

4.歯根嚢胞が大きくなった

 

  副鼻腔炎と虫歯は関係がないと思われるかもしれませんが、虫歯が副鼻腔炎の原因になることがあります。副鼻腔は鼻の両側にある大きな空洞なので、すぐ下には歯があるのです。特に奥歯に虫歯や歯周病があると、その菌が副鼻腔に侵入して炎症を起こすのです。

 

  副鼻腔炎とは一般的に耳鼻咽喉科で治療される疾患です。しかし、歯が原因の場合には歯医者での治療が必要となります。そして、歯科用品などの自分で勝手に使わないでください。お口の中を良好に保つことが、副鼻腔炎の予防にもなり、治療となることがあるのです


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp