製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病予防は歯を失わないための方法

歯周病予防は歯を失わないための方法

  歯周病は、虫歯と同じくプラーク(歯垢)にひそむ細菌による感染症です。菌が歯ぐきに炎症を引き起こし、やがて歯を支える顎の骨を溶かします。歯周病を放置すると、溶けた骨が歯を支えきれなくなり、ある日ポロリと歯が抜け落ちてしまう可能性もあります。実は歯周病は進行してからの治療になると再生療法など外科的な方法が必要となり、全てを回復させることが難しくなり、最も効果的な方法が予防をしていくことなのです。

 

 人間は誰でも、自分の歯を残していきたい、抜歯などはしたくない人は多いでしょう。歯周病にかかったら、歯を抜けた方がいいと先生のお薦めも少なくありません。では、歯周病予防について、歯を抜かない方式はなんでしょうか。これに対する治療方や、なんの薬品などが必要でしょうか。また、歯科材料に関しては自分で揃ってはどうでしょうか。まずは、今日、予防について歯を失わない方式について少しお話します。

 

 歯周病は歯周病菌と歯周病菌に対する体の抵抗力のバランスによって進行します。歯周病菌は誰もが持っている口の中の細菌です。この歯周病菌を歯ブラシなどでできるだけ減らすようにコントロールすることです。もう一つの体の抵抗力は若い時には強く、多少のプラークが残っていても歯茎が腫れる程度(歯肉炎)で中の骨まで溶けることはありません。しかし、年齢とともに抵抗力が落ち、30歳を過ぎた頃から若い時と同じような歯磨きの仕方では中の骨まで歯周病が進行してしまうのです。

 

 自宅での予防ですが、まずは歯磨きをテクニックの向上です。多くの方が自己流で磨いていますが、歯並びや歯茎の状態によって磨き方は変わってきます。そして、デンタルフロスを使い始めましょう。デンタルフロスを使わなければ最もプラークを取りたい部分を残してしまうことになるのです。歯周病を予防する上ではデンタルフロスは欠かせないものです。また、丈夫な体も、歯茎をさせる保証の一つです。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp