製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 親知らずを口腔外科で抜歯したほうがいい判断基準

親知らずを口腔外科で抜歯したほうがいい判断基準

   親知らずの抜歯をしたいけれど歯医者で抜いてくれるのか、口腔外科で抜いたほうがいいのか迷っている方が多いと思います一般的には、抜歯を行うとき、口腔外科で行います。口腔外科という科室は親知らずの抜歯やインプラント、癌など口の中の外科的な処置を専門に行う診療科このことです。しかし、実は親知らずの状態によって歯医者で抜ける場合と口腔外科で抜いたほうがいい場合があるのです。では、今日は親知らずを抜いた方がいい、ということについて判断標準をお話します。

 

1,かかりつけの歯医者で親知らず抜歯を行なっていない場合

  かかりつけの歯医者で親知らずの抜歯を行なっていない場合は口腔外科に紹介してもらいます。歯医者の方針によって親知らずの抜歯を行っていなところや、難しい抜歯だけを口腔外科に依頼しているところもあります。

 

2,親知らずが顎の神経に絡みついている場合

  親知らずの抜歯の際、下顎管に傷がついてしまうと出血が止まらなかったり、麻痺が残ってしまったりします。親知らずが下顎管に絡みついている場合は口腔外科で抜歯したほうがその後の対応が迅速に行うことができます。

 

3,親知らずが顎の骨の深くにある場合

  親知らずが顎の骨の深くにある場合は口腔外科で抜歯したほうがお薦めします。このような親知らずを抜歯するには親知らずの周りの骨を大きく削る必要があります。

 

4,出血が止まりにくいなど体に病気がある場合

  糖尿病や骨粗しょう症、癌など親知らずを抜歯する際、全身的な管理が必要な場合は口腔外科で抜歯したほうがお薦めします。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp