製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 犬歯(糸切り歯)と第一小臼歯の役割

犬歯(糸切り歯)と第一小臼歯の役割

  犬歯はどの歯よりも「太くて長い根」をもっており、歯並びのカーブの角に位置している歯です。犬歯は側切歯の遠心側に隣接するで、上下顎それぞれに一対あります食物を捕らえ、切り裂くための歯とされます

 

 犬歯は、下顎の側方運動を大きく決定してきます。歯を擦り合わせながら下顎を横に動かしてゆくと奥歯から順に離れ、最後には犬歯だけが当たり、他の全ての歯は離れているという状態になります。その一点で糸が切れるということから糸切り歯と呼ばれるようになりました。

 

 またこの犬歯は、第一小臼歯と共に何かが「触れる」という刺激に対して最も敏感な歯です.唾を飲み込んだときに上下の歯は咬み合います。口を開けたままで唾を飲み込むことはできません。このときにかみ合う位置を「中心咬合位」といい、これは上下の歯が最大面積で接触する位置です。口の健康を維持してゆくために非常に大切なものなのです。

 

 犬歯が正しい位置に生えないと、臼歯に対する力のコントロールができないため、長期的にみて臼歯の咬み合わせに負担がかかったり、歯列を乱したりする原因となります。
また、切歯から犬歯までは微笑んだときにも目立つため、ゆがみなどがあると審美的にもよくありません。それだけではなく、上あごの犬歯の萌出障害は、口の中の健康にさらに大きなリスクをもたらすことにもなるのです。

 

 犬歯が正しく生えていない場合は、矯正などの手入れが必要です。矯正歯科にて早めに対処などを大切してください。その場合に必要な歯科機械は専門医に相談を乗ってください。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp