製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 根管治疗について

根管治疗について

  よく耳にする根管治療ということは、詳しく知っているでしょうか。歯の中の歯髄がある部分を根管と呼びます歯の神経が死んでしまった時、歯の根の中を消毒し、細菌が感染しないように薬を詰めて、神経が死んでしまった後にも歯を長く使っていくための治療は根管治療といいます。歯髄を除去した後に、根管内の清掃や洗浄、消毒などを行い、根管内の痛みや炎症などを抑えます。この根管治療が精密に行われるかで歯の寿命は変わってくるのです。何度も感染し、治療を繰り返せば、歯はもろくなり割れて、抜歯が必要になります。

 

根管治療となる場合の症状

 

1、虫歯が進行して歯髄に達していた、または根っこの周りの歯茎にまで炎症が及んだため、歯髄を除去した場合

 

2、虫歯が歯髄の近くまで進行し、歯髄を残した治療を行うと、治療後に激しい痛みや強くしみるなどの症状が懸念される場合

 

3、根管治療を受けたが予後が悪く、再治療となった場合

 

 根管治療について、一般的な治療は2次元のレントゲンで歯の根の形を確認します。そのため根が重なっていたり、根が曲がっていたりするとレントゲンでは分かりにくいため経験や勘で治療をしなくてはいけないため治療の精度が下がります。今は3次元のCTレントゲンを撮影して、複雑な歯の形を正確に診断してから治療を行得るようになりました。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp