製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 噛み合わせによる体の不調

噛み合わせによる体の不調

  皆とも知っていると思いますが、そもそもよい噛み合わせをもっている人間がないといっても過言ではありません。そうといっても、自分の噛み合わせに十分関心をもっている人々も多くありません。不調が出てきない場合はまぁいいですが、もし、なにか起こしましたら、手遅れかもしれません。それに、悪い噛み合わせにより、体にどのような異常を起こすのでしょうか。

 

 まずは顎関節への悪影響から、視力低下・耳鳴りなどの症状が現れるます。噛み合わせが悪くなると、顎の筋肉の動きに負担をかけて、頭の血液の循環などに影響をもたらし、顎関節にも悪い影響をもたらします。その他、下記の不具合も出てくるでしょう。

× 肩こり

× 頭痛

× 腰痛

× 耳鳴り

× めまい

× 鼻づまり

× 目のかすみ

 

 かみ合わせが悪いと、重心をずらしてバランスを取ります。頭のバランスが崩れると、さらに、バランスをとるために肩や腰に歪ませてバランスをとるようになります。
バランスをとるために、他の部位でバランスを崩しながらカバーしてしまうのです。このようにして、噛み合わせのアンバランスが、さまざまな部位のバランスの乱れ・歪みを生じ、姿勢を悪くしてしまいます。ですから、専門医に、専門歯科機械で、矯正してもらい必要がございます。 姿勢が悪いと、さまざまな悪影響が起こることは良く知られていますが、かみ合わせも姿勢に大きく影響しているのです。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp