製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 子供の虫歯について

子供の虫歯について

  乳歯は永久歯と比べて柔らかくてもろいという性質のため、子供の歯は、虫歯になると、進行しやすくなります。虫歯というと、子供の方も日常生活の食事などに深い関係があります。もちろん、母親から一部の細菌をもらったという説もあります。とはいえ、一番大切なのは、やはり食生活です。子供の歯にたいし、専門な歯科機械があります。例えば、子供向けのハンドピースとかというものもあります。

 

 子供は、成人より甘いものが好きです。そして、成人より、歯磨きのことが嫌いです。ですので、食事の間にお腹がすくだろうからとか、口が寂しいだろうからといった理由で親がついついお菓子やジュースを与えているということは良くあるでしょう。でも、このようなだらだら食いをすると、いつも食べ物が口の中にある状態になってしまいます。

 

 これでは、口の中が常に虫歯になりやすい酸性に傾いてしまいます。まずは、甘いお菓子やジュースを口にするのならば、おやつの時間を決めてその時間に食べるようにします。そして、おやつを食べたさせた後はしっかり歯磨きを行うようにしつけるのです。最後にしっかり磨けているかチェックすれば、なお良いですね。小さなころにきちんとした食生活を送ることで、将来大人になっても丈夫な歯を保つことができます。

 

 

 色々データーによりますと、子供の時からいい歯磨きの習慣を保てるようになったら、成年後、歯のことはほかの人より、虫歯になった可能性が一層小さいです。いずれにせよ、子供の虫歯と食生活ということを真剣に考えるのならば、今こそ親がしっかりと管理することが大切なのです。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp