製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 噛み合わせが悪くなったのはなぜ?

噛み合わせが悪くなったのはなぜ?

   よく耳にする噛み合わせということはなんでしょうか。噛み合わせというのは、文字通り、歯が噛むことです。良い噛み合わせは左右上下の歯が均等に噛んで、噛む筋肉や顎の関節に負担のかからない噛み合わせのことです。噛み合わせは年齢と共に変化します。歯がすり減ったり、噛む筋力が弱くなったり、顎の関節が変化したり、をとれば自然に変わってきます。近年、入れ歯を良い噛み合わせるように、咬合器という歯科機械が登場しました。

 

 正しいかみ合わせと言えば、「歯の高さが合っていること」などが浮かぶと思いますが、それは局部的なことです。総合的な改善が必要になるため、治療は頭蓋骨の位置や体の歪み、顎の位置が改善されたうえで、歯の高さ・かみ合わせを調整が必要になります。で、悪い噛み合わせをどう生じたのでしょうか。下記のようにとされています。

 

※悪い姿勢

※よく噛まないこと

※同じ動作を繰り返す

※歯を失うこと(抜けたままにしておくこと)

 

 そのほか、おやからの遺伝といつ説もあります。遺伝によるもので子が親に似た歯並びやかみ合わせになるのはこのためです。噛み合わせというものは、そもそもよい噛み合わせが内といっても過言ではありません。ただ、自分が覚悟していないからです。もし、ほかの歯周病などを起こさない場合は、そのまま放置しても構いませんが、なにか歯病が起こしましたら、すぐ歯医者の所に見てもらいましょう。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp