製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯磨きの大切さ

歯磨きの大切さ

   人間が毎日歯磨きしていますが、毎日歯磨きをしている人々の中、虫歯や歯周病などに悩んでいてる人も結構あります。それはなぜでしょうか。毎日ちゃんとハミがししているのに。歯磨きには、電動歯ブラシ までお使いになっている方も少なくありません。歯磨きの大切さは一体なんでしょうか。

 

 歯を抜けったりしなければならないときは、いつも虫歯や歯周病等の原因で歯抜けしなければならないのです。若いうちはほとんどが虫歯、35歳を過ぎた頃からは歯周病によって歯を失うことが多くなってきますが、虫歯や歯周病の最大の原因は「プラーク」(歯垢)です。

 

 言うまでもなく、歯垢は虫歯や歯周病などの一番の原因です。日常生活から見ると、やはり歯磨きの方が歯垢を減らすことができるな感じがします。歯垢中の細菌が産生する「酸」や「毒素」が虫歯や歯周病の主な原因なので、歯磨きをきちんと行って細菌の数を減らせば、虫歯や歯周病を予防することができるという訳です。

 

 毎日歯科医院に行ってプラークを取ってもらえば最高ですが、実際は実現できないのです。やはり一番大切なのは毎日しっかりと歯磨きをして、歯垢を落とすということです。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp