製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病に抗生物質が効きますか

歯周病に抗生物質が効きますか

  歯と歯ぐき(歯肉)のすきま(歯周ポケット)から侵入した細菌が、歯肉に炎症を引き起こし、さらには歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしてグラグラにさせてしまう病気を歯周病といいます。歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。歯垢は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。 これはブラッシングだけでは取り除くことができません。専門な歯科機械で取り除く必要がございます。

 

  下記の選択で、自分で歯周病の自身チェックをしましょう。

· □ 朝起きたとき、口の中がネバネバする。

· □ ブラッシング時に出血する。

· □ 口臭が気になる。

· □ 歯肉がむずがゆい、痛い。

· □ 歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)

· □ かたい物が噛みにくい。

· □ 歯が長くなったような気がする。

· □ 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。

 

 

 歯周病に抗生物質が効きますか。答えは効きます。ただ、抗生物質は効果はありますが、残念なことに歯周病を完治させるものではありません。抗生物質ではその膜を壊す力は弱く、歯の根の周りに行き届きにくいのです。したがって、抗生物質を使ったからといって、結核や肺炎などの感染症を完治する様な効果は期待出来ません。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp