製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 大人の歯の歯列矯正

大人の歯の歯列矯正

   前歯の歯並びが気になっていたけれどなかなか歯列矯正に踏み切れなかった方も多くなります。歯列矯正とは歯を動かして歯並びや噛み合わせの治療をしていくことです。最近は若い時代から行う方が多いです。しかし、実は大人になってからでも 歯列矯正をして歯並びをきれいにすることもできるのです。また、前歯だけやセラミックを使って歯茎に負担をかけずに前歯をきれいにすることもできます。または、インプラントという矯正方式もあります。

 

 「歯列矯正」というのは、子供だけのものと思っていませんか?確かに成長期にある子供、つまり乳歯から永久歯に生え替わるような時期というのは、顎の位置を正しい位置に動かすことができる可能性があり、矯正治療を始めるのに最適な時期と言えます。

 

  大人の歯列矯正の大きな目的のひとつとして、審美的な面での改善ということがあります。つまり、受け口、八重歯など、外見を気にして治療を始められる方が多いということです。 子供の時期には、本人の希望よりも周囲の希望が優先されることが多く、せっかく成長期の良い時期に歯列矯正治療を始めたとしても、治療の進み方が悪い場合があります。しかし、自分の意志で、美しい口元を目標に歯列矯正治療に望む、大人の歯列矯正治療は、歯磨きや装置の手入れなどにも気を配ることができ、口腔内が良い状態で、効率的に治療が進むことも多いのです。  

 

 もし、矯正してもらう前、虫歯などにかかっているとしたら、あらかじめ歯科治療を済ませてから矯正治療を始められるかたが多いかもしれませんが、矯正歯科治療では、症例によって歯を抜くことがあります。治療に通って貴重な時間と高額な治療費をかけた歯が抜歯の対象にならないとも限りません。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp