製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > いつ頃から歯周病菌は住み着くのですか

いつ頃から歯周病菌は住み着くのですか

 歯周病ときたら、まずは歯周病菌のことを思い出すのでしょうか。人が生まれてから、いつでも口を使っています。で、歯周病菌という細菌はいつ口の中に生み出したのか。歯周病の治療により、歯科機械も大切です。

 

 歯周病菌という細菌ですが、生まれから母親の所からもらった可能性が結構高いです。早ければ生後6ヶ月の乳歯がはえた時からです。もし、母親が歯周病にかかっていたり、歯周病菌を持っていたりすると、その子供は生まれてから食生活が確立する頃には歯周病に感染する事になります。しかし、歯周病の感染リスクは「遺伝的要因」および喫煙、加齢、ストレスなどの「環境要因」の2つの要因によりリスクはかわります。

 

 ちなみに、喫煙する事で歯周病の関連リスクは、非喫煙者に比べて5~8倍になるという調査結果があります。加齢とストレスは免疫力が低下のため、歯周病の感染リスクが高くなります。

 

 免疫力の低下は、睡眠不足や風邪などでもおきますので、睡眠不足が続く場


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp