製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 親知らずについて

親知らずについて

  人間の歯の永久歯は普通28本といいますが親知らず(親不知)とは奥歯のうち一番奥にある歯を指し、専門用語では第3大臼歯といいます。また、智歯とも呼ばれています。永久歯は通常15歳前後で生え揃いますが、親知らずは生える時期が概ね10代後半から20代前半であり、親に知られることなく生えてくる歯であることがその名前の由来だとも言われています。親知らずの抜歯や、ほかの消炎治療といったら、歯科用品歯科機械が必要です。

 

 親知らずは個人差ありますが20歳前後で生えてくる永久歯です。織田信長が好んで詠ったことで有名な敦盛の一節「人間五十年、下天の内をくらぶれば…」にあるように、昔の日本人の寿命が短かく、親知らずが生えてくるころには親はすでに亡くなっている、というのが名前の由来だと言われています。ちなみに、平均寿命が50歳を超えたのは実は戦後なんですよ。ただ、これは乳幼児の死亡率が高かったことにも原因があります。

 

 親知らずの炎症などが起こした場合は、ひとまず専門医者の相談することをお勧め致します。

 

 

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp