製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 虫歯の分類及び相応治療法

虫歯の分類及び相応治療法

  虫歯になる原因は、三つがありますが、虫歯の分類について、いくつがあるのでしょうか。虫歯は進行状況によって、C0~C4の5段階に分類されます。それぞれの治療法についてですが、専門な歯科機械が必要とされます。

 

 C0は、初期の虫歯です。まだ歯に穴はあいていませんが、歯の表面が白濁したり茶褐色に変色しています歯磨きを十分にしてフッ素とキシリトールを利用し、歯を再石灰化しましょう。この階段では、医者により、治療する必要がありません。

 

 C1は、歯の表面のエナメル質にだけ穴があいたもの。痛みはありません。放置すると進行してしまうので、削って詰める治療が必要です。

 

 C2は、エナメル質の下にある象牙質に達した虫歯。まだ神経に達していないので強い痛みはありませんが、冷たいもの、甘いものなどがしみ始めます。削って、型取りをし、出来上がってきたものを留める治療がひつようです。その上、麻酔必要。C1、C2は削る必要が出てくる虫歯です。

 

 C3は虫歯が神経に達し、歯髄炎を起こした状態。歯根膜に炎症が起き、歯根膜炎になることもあります。激痛を伴うことが多くなります。麻酔をして、歯を大きく深く削り、神経を取り除きます。

 

 C4は歯の神経が死んでしまった状態。痛みは軽減しますが、虫歯菌が血管を通り心臓病や腎臓病を引き起こすこともあります。歯根の中の治療をします。
抜歯をすることもあります。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp