製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 審美歯科のホワイトニング治療、ラミネートベニア、セラミックインレー、メタルボンドの紹介

審美歯科のホワイトニング治療、ラミネートベニア、セラミックインレー、メタルボンドの紹介

 ホワイトニング治療

歯を白くする治療法です。削ったりしないので歯に負担をかけることなく気軽に受けられる治療法です。別名ブリーチングとも呼ばれ、変色してしまった歯の表面にホワイトニング剤を塗布し、歯に着色した色素だけを分解、歯そのものを漂白します。審美歯科治療は専門な歯科材料が必要です。

 

ラミネートベニア

歯の表面をできるだけ薄く削り、そこにセラミック製の薄い人工歯を貼り付ける審美治療です。おもに欠けた歯やすきっ歯の修復に用いられ、ホワイトニングでは白くできない歯にも対応できます。自然な白い歯を実現します。

 

セラミックインレー

奥歯の小さな虫歯の治療では、悪くなった部分だけを削って、削った穴をきれいな形に整えてから歯型を採り、これを使って人工材料の詰め物を作製します。この治療法は、インレー法と呼ばれています。 インレー法で使用する詰め物は、従来、金属が使われてきましたが、審美性を高めるためにセラミックを使用することで口を大きく開けてもきらっと光ることがなく、自分の歯の色に合わせることができるので、美しく自然な口元を再現できます。

 

メタルボンド

金属製の土台の上にセラミックを貼りつけて作ります。見た目に透明感があって美しく、耐久性も高いという利点があります。ただし、金属アレルギーなどが起こる可能性がある、といったデメリットもあります。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp