製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > メタルセラミックとハイブリッドセラミックについての情報

メタルセラミックとハイブリッドセラミックについての情報

 メタルセラミック

メタルセラミックは、外側がセラミックで内側が金属でできているクラウンです。見た目が良く変色せず、強度もあるので非常によく使われています。審美歯科治療は専門な歯科材料が必要です。

 

メタルボンドのデメリット

1、金属アレルギーのある人には向かない

2、オールセラミックよりは、透明感が落ちる

 

ハイブリッドセラミック

セラミックと硬質レジンを組み合わせた素材で、天然歯に近い硬さと色調がえられます。オールセラミックに比べ弾力性があり、インレーに使用できます。クラウンでは色調はオールセラミックには劣りますが、天然歯に近い色調に仕上げることができます。

 

ハイブリッドセラミックのデメリット

1、経年劣化して、変色をする傾向がある

2、セラミックに比べ、表面が粗いためやや汚れがつきやすい


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp