製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の予防、喫煙と歯周病との関係の紹介

歯周病の予防、喫煙と歯周病との関係の紹介

頑張って歯ブラシをしても歯周病になってしまうのでしょうか?

歯周病予防には歯の表面や歯と歯の間、歯と歯茎の境など、かなり行き届いた歯磨きが必要です。本人は充分磨けていると思っていても、実際には磨けていない事が多いため、歯科医師や歯科衛生士による各個人に合った磨き方と補助的な清掃用具による歯磨き指導を受ける事をお奨めします。歯科治療は歯科用品が必要です。

 

喫煙と歯周病との関係は?

タバコの中に含まれるニコチンは血管を収縮させる作用があり、代謝を妨げ、細菌の攻撃による炎症などからの回復を遅らせてしまうと考えられるのです。歯周病だと診断された方で、歯をできるだけ失いたくない方は、是非禁煙に取り組まれて下さい。禁煙されるとその効果は確実に実感できます。

 

歯並びと歯周病関係がありますか

はい、関係があります。歯並びがよくないと歯をしっかり磨くことができません。結果歯周病にかかる可能性が高くなります。

 

歯周病になりやすい習慣は?

疲れやストレスとため過ぎる

食事のときあまり咬まないで食べている

間食が多い

たばこを吸う

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp