製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 審美歯科のセラミック治療の材料と方法についての質問

審美歯科のセラミック治療の材料と方法についての質問

 オールセラミックとは?

オールセラミックは、被せ物や差し歯の素材が全てセラミック材料で出来ているものを使用する審美歯科治療です。金属類を使用するメタルボンドと違って、全て光を透すセラミック材料(陶器材料)で出来ているので、天然の歯に近い透明感ある仕上がりになり、見た目の気になる前歯に適しています。審美歯科治療は専門な歯科材料が必要です。

 

ラミネートベニアとは?

歯の表面のエナメル質部分を薄く削り、薄いセラミック製の板を貼り付ける方法です。ホワイトニングで改善されない変色や、色だけでなく歯の形も整えたい場合に適しています。

 

セラミックスインレーとは?

通常健康保険内では虫歯を削った後には金属の詰め物を入れますが、より自然の歯に近い光沢や色調のものにするためにセラミックスの材料に置き換える事で審美性・封鎖性・生体親和性を向上させることが可能です。

 

メタルボンドとは

金属でできた歯の土台をベースにその表面に白いセラミック材を焼き付けたものです。
セラミックのメリットである審美性と金属の持つ強度という各々の長所を持っています。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp