製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ラミネートベニア法での審美歯科治療について

ラミネートベニア法での審美歯科治療について

 ラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。審美歯科治療は専門な歯科材料が必要です。

 

こんな方にオススメです

短期間で軽度の歯並びの修正をしたい

歯の色が変色している

歯の形が気になる

歯と歯の隙間が気になる

 

ラミネートベニアのメリット

1、歯の色の後戻りがない。

2、歯を削る量が比較的少ない。

3、治療期間が短期間。

 

ラミネートベニアの短所

1、ごく薄くではあるが、ご自身の歯を削る必要がある

2、噛み合わせなど過度な力がかかると、貼り付けた部分が欠けることがある

3、ホワイトニングと比べて費用がかかる


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp