製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 審美歯科のセラミックを利用する治療法

審美歯科のセラミックを利用する治療法

メタルセラミック

メタルセラミックは、外側がセラミックで内側が金属でできているクラウンです。見た目が良く変色せず、強度もあるので非常によく使われています。

 

オールセラミック

被せ物・詰め物全体がセラミックで、見た目が自然な歯の色に最も近いのが特長。金属を使っていないので、アレルギーや、歯ぐきの変色・金属露出などの心配がありません。

 

ハイブリッドセラミック

レジンとセラミックを混ぜ合わせた歯科材料です。セラミックより軟らかく、従来のオールセラミックの欠点である「硬すぎる・割れやすい」というデメリットが解消されています。

 

ラミネートべニア

歯の表面を0.5mmほど削り、その上から薄いセラミックをつけ爪のように張り付けます。歯の黒ずみや前歯の隙間などの治療に適しています。2~3回の通院で治療完了となります。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp